40代でも遅くない!シミお悩み解決ブログ

40代でも遅くない!シミお悩み解決ブログ

記事一覧

ビハクエン(bihakuen)の最適な使い方とは?私が使った結果

ビハクエン(bihakuen)の最適な使い方とは?私が使った結果

ビハクエンのおかげでキレイな肌を取り戻したユウです(✿╹◡╹)♬

 

今回のテーマは
「ビハクエン(bihakuen)の最適な使い方とは? 私が使った結果」です。

 

ビハクエン(bihakuen)のクリームは、
ハイドロキノンとトレチノイン、デイクリームとナイトクリームの
大きく分けて4種類あります。

 

まずハイドロキノンですが、濃度が4%のものが1種類、トレチノインは、濃度が0.025%・0.5%・0.1%の3種類あります。

 

 

 

濃度は高ければ高いほど美白効果が期待できますが、
高いほど刺激や反応が強く出ます。

 

つまりリスクが高まります。

 

 

ビハクエン(bihakuen)の効果的な使い方

 

トレチノインの特徴であるターンオーバーを早める効果が、
ハイドロキノンの漂白効果を高めてくれるため、それぞれを単体で使用するより、
併用した方がシミ対策には高い効果が期待できます。

 

ターンオーバーとホワイトニングの相乗効果です。

 

ターンオーバーしたお肌はとても薄くて繊細です。

 

この時お肌は紫外線を受けやすいので日焼けは厳禁です。

ですから日焼け対策は必須になります。

 

外出の際にはSPF30以上の日焼け止めを使用してくださいね。

 

ただ、皮膚が薄くなっていることで、

お肌の奥まで栄養を送り込める最大のチャンスでもあります。

 

 

そこで是非試して頂きたいのがデイクリームとナイトクリームです。

 

 

トレチノインやハイドロキノンを使用していると、赤みや皮剥けなどの症状が起こるのですが、これらの症状を軽減してくれます。

 

デイクリームは紫外線などからお肌を保護し、ナイトクリームは栄養をしっかり届けてくれる効果があります。

 

勿論、今使っているクリームでも十分だと思います。

 

ただ、ビハクエンのクリームは美白対策をしているお肌に
合った様に作られているので本当にいいです。

 

治療中の皮膚はとても繊細です。

 

いつもよりいたわってあげる必要がありますし、
せっかくターンオーバーをして浸透しやすい状態になっているので、セットでの使用をおすすめします。

 

決してお安くはないですが、
私は使ってみて本当に良かったと感じました。

 

ビハクエン(bihakuen)使い方の手順

 

つける順番はこんな感じです。

 

これを洗顔後、朝晩1回ずつ2~6週間行います。

 

刺激が強すぎる場合はトレチノインは夜のみでもOKです。

 

治療を開始して数日経つと、赤みや痒みなどの症状が出始めます。

更に1週間程経過すると皮が剥けてきます。

 

こんな感じです↓↓↓ (ちょっとツライ)

 

 

 

シミが薄くなってきたらハイドロキノンのみを
6~12週間塗り続けてます。

 

これを乗り越えると↓↓↓

 

 

 

結構キレイになりました(ღ✪v✪)

 

もともと濃かったシミは薄っすらと残っていますが、私的には大満足の結果です。

 

あとホクロにも塗ってみましたが、ホクロには効果なったようです。

 

 

ハイドロキノンは、3ヶ月以上 連続で使用しない様にとの事です。

 

再度使用する場合は、1ヶ月程あけてから使ってくださいね。

 

最後に・・・

 

どんな美白化粧品を使っても、シミは今より薄くなる事はないですし消えません。

 

実際にハイドロキノンとトレチノインでシミ対策をして感じたことは、

 

「シミは薄いうちにやっつける」ってことです。

 

画像を見て頂いたら分かるかと思いますが、薄いシミは本当にキレイになっていますが、濃いシミは薄っすらと残っています。

 

多分、もう1度使用したらキレイになるかとは思いますが・・・。

 

なので、本気でシミを何とかしたいのであれば、今より濃くなる前に対策する事をおすすめします。

 

ビハクエン(bihakuen)の詳細はコチラ

 


シミ対策★人気№1まとめ

ビハクエン(bihakuen)トレチノインとハイドロキノンの使い方について

ビハクエン(bihakuen)トレチノインとハイドロキノンの使い方について

ビハクエンのおかげでキレイな肌を取り戻したユウです(✿╹◡╹)♬

 

今回のテーマは
「ビハクエン(bibakuen)トレチノインとハイドロキノンの使い方について」です。

 

トレチノインもハイドロキノンも、とても強い医薬品になりますので、まずはきちんと知った上で使うことが大切です。

 

 

 

トレチノインとハイドロキノンの違いとは?

 

ビハクエン(bibakuen)のトレチノインもハイドロキノンも、シミや黒ずみ・色素沈着に効果があるとされていますが、2つには大きな違いがあります。

 

それは、シミの消し方です。

 

トレチノインは、肌のターンオーバーを促進するため
古い角質を排出させる効果があります。

 

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれるほど美白効果が高い成分です。

 

つまり、トレチノインは、
皮膚より深いところにあるシミを排出し、

 

ハイドロキノンは、
既にできてしまった目に見えるシミに効果的という事です。

 

また、トレチノインはシワや毛穴を目立たなくしたり、
過剰な皮脂の分泌を抑える働きがあるのでニキビにも効果がある様です。

 

 

トレチノインとハイドロキノンは併用して大丈夫なのか?

 

大丈夫です。

 

と言うより、併用した方が美白には効果的です。

 

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれるほどシミに効果的なのですが、

 

実はハイドロキノン単独では肌に浸透しにくいため、トレチノインとセットで使った方が結果が出やすいのです。

 

トレチノインとハイドロキノンの使い方

 

初めて使用する際は、パッチテストを行い24時間様子をみます。

 

1.洗顔をし、化粧水などでお肌を整えます。

この時点で、油分の多いクリームなどは塗らない方が良いです。

 

2.トレチノインをシミからはみ出さない様に塗り、よく乾かします。

※ 綿棒を使うと塗り易いです。

 

 

3.ハイドロキノンをトレチノインより少し広めに塗ります。

 

 

シミが大きい場合は、シミの外周(トレチノインを塗っていない部分)から
塗った方が良いと思います。

 

つける順番はこんな感じです。

 

 

 

これを1日2回(朝晩)2~6週間続けて行います。

 

ただし、赤みが強く出たり刺激が強すぎる場合は、
トレチノインは夜のみでOKです。

 

この時期は、シミを破壊する期間で、

塗り始めて数日すると、赤みや痒みと言った症状が出始めます。

 

更に1週間~10日程経過すると、皮が剥けてきます。

 

これは、ターンオーバーにより古い角質が剥がれ落ちるために起こる症状です。

 

シミが消失、または薄くなってきたらトレチノインは終了です。

 

ハイドロキノンのみを、更に6~12週間塗り続けて下さい。

 

使用開始から3ヶ月以上の連続使用は避ける様にとの事です。

 

再度使用する際には、1ヶ月程あけてからお使い下さい。

 

また、トレチノイン・ハイドロキノンを使用している間は、日焼けは厳禁です。

 

外出の際は、必ずSPF30以上の日焼け止めを使用して下さいね。

 

治療中は、肌のバリア機能が破壊される為、お肌が不安定な状態になり、とても乾燥します。

 

保湿は十分に行って下さい。

 

保湿クリームですが、普段使用している物で十分ですが、トレチノイン・ハイドロキノン使用中の肌の為に開発されたクリームもあります。

 

お値段はお安くはないですが、かなり保湿力高いです。

治療中だけでも使ってみる価値はあると思います。

 


ビハクエン(bihakuen)の詳細はこちら

 


シミ対策★人気№1まとめ

安くて効果が高いシミ消しクリームは?

安くて効果が高いシミ消しクリームは?

ビハクエンのおかげでキレイな肌を取り戻したユウです(✿╹◡╹)♬

 

今回のテーマは
「安くて効果が高いシミ消しクリームは?」です。

 

シミ消しクリームで一番人気なのは、やはりハイドロキノンクリームです。

 

値段もお手ごろですし、効果てきめんです!

 

シミができると美白化粧品を使う方が多いのですが、美白化粧品は美白効果はありますが、できてしまったシミを消すことはできません。

 

美白化粧品は高額なので、もったいないだけです。

 

ハイドロキノンってどんなクリームなのか?

 

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」と言われるほどシミに効果が高いクリームなのですが、実はハイドロキノンは単体ではその効果を完全に発揮することができません。

 

なぜなら、ハイドロキノンと言う成分は、肌に浸透しにくいからです。

 

そこで、ハイドロキノンを浸透しやすくする為に、トレチノインというクリームを併用して使用します。

 

トレチノインは、肌のターンオーバーを早める作用があるため、ハイドロキノンの浸透を手助けしてくれる役目になります。

 

実際にハイドロキノンとトレチノインでシミ消しを行った結果です。
↓↓↓↓↓

 

 

実は、このクリームどちらも医薬品になります。
しかも、刺激が強いです!

 

間違っても化粧品の様な安易な気持ちで使用せず、用法・容量はきちんと守って使用することが大切です。

 

ですが、たったの2カ月でここまできれいになりました!

 

安く、そして本気でシミを消したいのならハイドロキノンとトレチノインがおすすめです。

 


ハイドロキノンとトレチノインの詳細はこちら

 


シミ対策★人気№1まとめ

ビハクエン(bihakuen)のデイクリームは本当に必要なのか?

ビハクエン(bihakuen)のデイクリームは本当に必要なのか?

ビハクエンのおかげでキレイな肌を取り戻したユウです(✿╹◡╹)♬

 

今回のテーマは
「ビハクエン(bihakuen)のデイクリームは本当に必要なのか?」です。

 

ハイドロキノンやトレチノインを使用すると
赤みや皮剥け、そしてお肌がとても乾燥しやすくなります。

 

 

下の画像は私が実際にハイドロキノンとトレチノインで治療中している時の状態なのですが、皮剥けしているのがお分かりでしょうか。

 

 

 

ものすごく肌が乾燥して皮膚が引っ張られてる感じがするんです!

 

例えるなら「日焼けをして皮がめくれた時や、すり傷をして下の皮膚が再生される時に肌が突っ張っられる感じ」

 

顔がそんな感じになります。

 

実は、乾燥したお肌はお手入れをおこたるとシワやたるみの原因になります。

 

そしてハイドロキノン・トレチノイン使用中はいつも以上にしっかりと保湿を行うことが大切なんです。

 

こんな思いをしてシミ退治がんばっているのにシワができたら元も子もないですもんね。

 

保湿は夜だけではない!

 

先ほども記載しましたが、ハイドロキノンとトレチノインを使用している間は、お肌がもの凄く乾燥するので、日中もしっかりと保湿をしてあげる必要があります。

 

今お使いの保湿クリームでも十分だと思いますが、ビハクエン(BIHAKUEN)のデイクリームこれ本当におすすめです。

 

 

なぜなら

 

通常、保湿クリームは夜のお手入れに使用しますよね。

 

ですから、朝のスキンケアの際に保湿クリームを使用すると少しベトッとした質感になり、お化粧ののりも変わってしまいます。

 

しかしビハクエン(BIHAKUEN)のデイクリームは朝のスキンケアの際に使用する様に作られているのでお化粧に影響を与えることなく使用する事ができるんです。

 

治療中は、乾燥により顔が突っ張るので、このクリームは本当に助かります。

 

さらにSPF30も配合されているので、紫外線からお肌を守ってくれます。

(以前はSPF15でしたが、現在販売されているものはSPF30です)

 

ベタつきがないのにしっとりしているので、特に乾燥する季節はとても重宝しました。

 

ビハクエン デイクリームの詳細はこちら

 

ナイトクリームもあるので合わせて使用すると更に保湿効果がアップしますよ。

 


シミ対策★人気№1まとめ