40代でも遅くない!シミお悩み解決ブログ

40代でも遅くない!シミお悩み解決ブログ

記事一覧

ビハクエン(bihakuen)のデイクリームは本当に必要なのか?

ビハクエン(bihakuen)のデイクリームは本当に必要なのか?

ビハクエンのおかげでキレイな肌を取り戻したユウです(✿╹◡╹)♬

 

今回のテーマは
「ビハクエン(bihakuen)のデイクリームは本当に必要なのか?」です。

 

ハイドロキノンやトレチノインを使用すると
赤みや皮剥け、そしてお肌がとても乾燥しやすくなります。

 

 

下の画像は私が実際にハイドロキノンとトレチノインで治療中している時の状態なのですが、皮剥けしているのがお分かりでしょうか。

 

 

 

ものすごく肌が乾燥して皮膚が引っ張られてる感じがするんです!

 

例えるなら「日焼けをして皮がめくれた時や、すり傷をして下の皮膚が再生される時に肌が突っ張っられる感じ」

 

顔がそんな感じになります。

 

実は、乾燥したお肌はお手入れをおこたるとシワやたるみの原因になります。

 

そしてハイドロキノン・トレチノイン使用中はいつも以上にしっかりと保湿を行うことが大切なんです。

 

こんな思いをしてシミ退治がんばっているのにシワができたら元も子もないですもんね。

 

保湿は夜だけではない!

 

先ほども記載しましたが、ハイドロキノンとトレチノインを使用している間は、お肌がもの凄く乾燥するので、日中もしっかりと保湿をしてあげる必要があります。

 

今お使いの保湿クリームでも十分だと思いますが、ビハクエン(BIHAKUEN)のデイクリームこれ本当におすすめです。

 

 

なぜなら

 

通常、保湿クリームは夜のお手入れに使用しますよね。

 

ですから、朝のスキンケアの際に保湿クリームを使用すると少しベトッとした質感になり、お化粧ののりも変わってしまいます。

 

しかしビハクエン(BIHAKUEN)のデイクリームは朝のスキンケアの際に使用する様に作られているのでお化粧に影響を与えることなく使用する事ができるんです。

 

治療中は、乾燥により顔が突っ張るので、このクリームは本当に助かります。

 

さらにSPF30も配合されているので、紫外線からお肌を守ってくれます。

(以前はSPF15でしたが、現在販売されているものはSPF30です)

 

ベタつきがないのにしっとりしているので、特に乾燥する季節はとても重宝しました。

 

ビハクエン デイクリームの詳細はこちら

 

ナイトクリームもあるので合わせて使用すると更に保湿効果がアップしますよ。

 


シミ対策★人気№1まとめ

ハイドロキノンを陰部 (デリケートゾーン)や乳首に塗ったら!?

ハイドロキノンを陰部 (デリケートゾーン)や乳首に塗ったら!?

ビハクエンのおかげでキレイな肌を取り戻したユウです(✿╹◡╹)♬

 

今回のテーマは
「ハイドロキノンを陰部 (デリケートゾーン)や乳首に塗ったら!?」です。

 

ハイドロキノンは、シミやソバカスなど美白に効果的なクリームとして有名ですが、

「陰部などのデリケートゾーンの色素沈着の改善や、乳首をピンク色にしたい」という思いから、陰部や乳首に使用される方もいすが、はっきり言ってお勧めしません。

 

女性なら、陰部や乳首の色を気にするのは当然です。

 

しかし、陰部はデリケートゾーンと言うだけあってデリケートな部分なのです。

 

私は、顔のシミ取りにハイドロキノンを使用しましたが、使用開始して数日後には赤みをおびヒリヒリしてきました。

 

顔にハイドロキノンを使用した際の画像です。

 

 

 

この症状が、陰部や乳首に起こるかと思うと想像するだけでゾっとします。

 

ハイドロキノンはトレチノインと言う成分と併用する事で美白効果が高まるのですが、ハイドロキノンとトレチノインを実際に、陰部などのデリケートゾーンや脇、そして乳首に使用している方がいます。

 

おそらく半端ない痛みとかゆみに襲われたかと思います。

 

ハイドロキノンとトレチノインを使用した時の画像です。

 

 

これだけの赤みと皮めくれの症状がでています。

 

そしてヒリヒリもしましたし、かゆみも出ました。

 

おかげで顔のシミは、随分キレイになりましたが、私自身これを陰部に塗る気にはなれません。

 

頑張っても乳首が限界かと思います。

 

ただ、乳首は下着で擦れる為たぶん痛いと思います。

 

私なら絶対にやりません。

 

でも、キレイな肌色・ピンク色は女性にとって憧れますよね。

 

あるんです!全身に使える美白ローションが

 

それは、ビハクエンのハイドロキノン配合の美白ボディーローションです。

 

ハイドロキノンの濃度は1%と低いですが、全身に使えます。

 

こちらの記事で詳しく説明しています⇒美白ボディーローション

 


シミ対策★人気№1まとめ